PATRADE

特許料の納付期限はいつですか?

特許料(年金)を納付の期限日はどうすればわかりますか?

特許査定から30日以内に3年分を納付したあと、4年以降の分はその前年中に納付します。

特許権は、特許査定(審決)を受けただけでは発生せず、1~3年分の特許料を納付することで発生します。最初の1~3年分の特許料は、特許査定(審決)の謄本が送達された日から30日以内に納付します。

その後、3年間のうちに、4年目の分の特許料を納付することで、4年目にも特許権を存続させてもらえます。つまり、4年目に権利を維持したければその前年の3年目までに4年目の分を納付するということです。

5年目も維持したければ4年目までに、6年目以降も維持したければ各年の前年までに納付して特許権を継続して保有できるようにします。

複数の年の分をまとめて支払うこともできます。たとえば5年分をまとめて納付しておけば5年間はいちいち納付せずに済ませられます。

なお、特許料は、特許を登録・維持したい人が自発的に納付しなければならず、特許庁から通知や請求がくることはありません。特許料の納付を忘れてしまった場合には、特許権は消滅してしまいます。したがって、特許料の納付の運用は特許権者が責任をもって慎重に行う必要があります。

発明プラスの姉妹プロジェクト「パットレード」を運営するPATRADE株式会社では、特許料納付のアラートや納付依頼機能を備えた「PATKEEP」を提供しています。手軽に確かな特許料納付の運用を実現できますので、ぜひご活用ください。

回答日:2020年3月3日